発足のための検討会を行いました

2019年7月11日

家族農林漁業プラットフォームを、和歌山県を中心に、具体的な取り組みを進めるための発足にむけた検討会が行われました。

この日,農業に携わる方々をはじめ,林業関係者,有機認証機関, 環境NPOに加えて,消費者の立場からも活動する人々が,紀ノ川農業協同組合の会議室に集まりました。

発起人の一人である,紀ノ川農業組合長より,家族農林漁業の背景とこれまでの経緯について説明。

国連によって定められた「家族農業の10年」の動きが日本でも展開されていること。

そして,その流れを和歌山でも展開してくための組織化を目指したい考えを共有しました。

また各分野,立場からの現状についても意見を交わしながら,今後の方向性について気持ちをひとつにする時間になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です